カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

奇跡の星

      2015/04/25

 

ヱンデバー伊藤です
 

前にも言ったように、私は昔結婚式場を荒らす怪人だったのですが、今となっては当時の記憶もほぼ無くその出生は謎に包まれています
そんな事を調べるのも個人研究の一環ですが、調べているといつの間にか別なことを調べている毎日
今日の調査は「宇宙」についてまでいってしまいました
星を見るのが好き

 

簡単に宇宙とか言いますけどいったい何なんでしょうか
どうして地球外生命体はいないのでしょう
私は地球外生命体じゃないの?改造人間?

 

宇宙を日本にたとえると、天の川銀河が県で太陽系が市で地球はもう自治会な訳ですよ
まだまだ人類がちゃんと行ったことのない火星なんて、銀河レベルで見たら隣の町内ほど
天の川銀河

©国立天文台

 

図のように銀河系で太陽系は秒速240kmで回転しているのだそうです
こういうことを調べる先生方はすごいですよ
 

だから、銀河の中に太陽系みたいのが何個もあって、その中には太陽のような主星があって、それを中心とした惑星があって、地球と同じ環境の星が有るんじゃないのかな・・・
しかし、そういったハビタブルゾーン内を公転している惑星はまだハッキリとは見つかっていないんですね
 

地球という星が誕生する確率は、例えるならバラバラにした時計を黒川に投げ込んで水流により元通りに組み立てられるというぐらいの確率なのだそうです
あり得ないことが起こって生まれた奇跡の星なのです
 

だから、そこに生きている私たちは犯罪とか自殺とかそんなことをしてはいけないのです
生まれてこなきゃ良かったとか発言してはいけないのです
 

もっと大きな視野で、それこそ宇宙レベルで世の中を感じることが必要なのだと思います
 

・・・今日のブログなんだ
2015年4月25日
イベントで皆様に会えることを楽しみにしています
であいのもり

 

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。