カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

かぬま楽市のおもひで~急~!

   

 

ヱンデバー伊藤です(^^)

 

終わりゆく楽市の思い出を語る3日目!

 

2009年、2010年と秋の楽市に限って暴れ出すテレンコ軍団。

3年目の2011年は、SKJいわゆる新・鹿沼宿芝生ステージオープニングと言うことで、上部組織の鹿沼ヒーロー計画が企画した「とちキャラフェスティバル2011」という楽市と同時開催の特殊イベントとなっていた!

残念なことに台風が大接近していたため、予定していた近隣自治体のゆるキャラゲストは相次いで不参加となってしまったため、ここは鹿沼のキャラが全力で盛り上げなければと皆奮闘していた。

 

しかし、ここにもテレンコ軍団が現れてしまう!

とちキャラフェスティバルのために駆けつけてくれていた「ベリーマッチちゃん」がその餌食にあってしまう!

ベリーマッチちゃん1

 

いやっ・・・こっちの「ベリーマッチちゃん」が餌食にあってしまう
鹿沼を代表する「ゆるキャラ®グランプリ2015」にも出撃中のベリーちゃんも当時はまだノスタルジックフォームだった
ベリーベリー

 

現れたのはテレンコ軍団幹部「シャーンメ大佐」
シャーンメ大佐登場

 

そして暴れるテレンコ戦闘員
自由なテレンコ戦闘員!

 

ピンチの時はいつも現れるカヌマン登場
楽市は毎年2月と9月の2回開催されていた。カヌマン五号は楽市二度目の出撃
カヌマン登場2011

この時カヌマン1号の仮面に選ばれていた人物は、当時のツイッター内で「美声」とつぶやかれていた。しかし現在適合者Aは結婚したという情報を最後に消息不明
ちなみにSKJにも秘密基地のゲートが存在するため、カヌマンの到着は秒速である
 

テレンコ軍団の目的は、オープンしたばかりの芝生ステージの芝を全て枯らしてしまうことだった
その芝カラースをガス化した気体を吸引し、ベリーマッチちゃんとベリーちゃんは気を失ってしまう
芝カラースガス

 

しかしカヌマンが再び現れテレンコ戦闘員を撃退!追い詰められたシャーンメ大佐は、テレンコ軍団妖怪実体化プロセスにより、日向・酒野谷方面の伝説「坊主狐」怪人「ズギツネ」が召喚されてしまう
ズギツネ

 

カヌマン2号は単身ズギツネと対峙
奮闘する2号

 

しかし、古峯の山奥で清められた対妖怪輪ゴム弾(攻撃力前年比2倍)が装填されたカヌマンバズーカを仲間に撃ち込まれ撃沈
カヌマンの仮面も不思議な力で変身していると言うことは、妖力に近いものがあるのだろうか
普通の人間なら「ちょっと痛い」で済むところ、結構なダメージを食らっていた
誤射を受ける2号

 

残った4人のカヌマンにズギツネは襲いかかるも、二弾目実装・砲身冷却・薬室内圧力上昇までを気合いで完了し二射目でズギツネを仕留めた
この一連の戦いを見守った私はエヴァンゲリオンの「ヤシマ作戦」を思わずにはいられなかった
二射目命中

 

SKJの芝生を枯らされることなく、テレンコ軍団を撃退させることに成功したのだった
退散するテレンコ軍団

 

この記録は、カヌマン研究開発本部記録班により、余計な千渡橋兄弟の戦いから見ることが出来る
 



 

 

しかしまたその1年後、復讐の怨念を増幅させた「シャーンメ大佐」率いるテレンコ軍団が現れてしまうのだった
「逆襲のシャーンメ」である
2012年のシャーンメ大佐!

 

この話はまた次回
 

 

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。