カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

シンかぬま楽市のおもいで!

   

 

ヱンデバー伊藤です(^^)

 

2009年から5年にわたり、かぬま楽市を攻撃し続けたテレンコ軍団!!

6年目の2014年秋かぬま楽市ではテレンコ軍団の攻撃が無いと安心していたが、SKJいわゆる新・鹿沼宿にテレンコ爆弾が仕掛けられていたのだ!!!

 

あれからもう一年の時が経つ。

我々はひとつの戦闘やイベントを完遂すると、即日リセットするように訓練されている!なぜなら常に先を予測して行動しなければならないからだ。

訓練は受けているものの、副作用のように過去12年ぐらい前に戻りたいと悩むときもある。

このような脳の働きが日常的になると、先日の「鹿沼市民文化センター2015」から二週間しか経っていないのにもかかわらず数ヶ月前の出来事に感じてしまうのだ!

カヌマン研究開発本部研究員の体内時計は「時の加速」を身につけているのである!

 

余談が過ぎたが、SKJにテレンコ爆弾を仕掛けたまでは良いが、そのカウントダウンを停止することが出来るヒントを街中に多数隠したという・・・。

テレンコ軍団にもスプーン一杯ほどの良心があるのだろうか・・・

テレンコになろう!

テレンコ仮面

 

テレンコ軍団の動きは、ナインさんのタンポポ綿毛カメラにて追跡していた
まるで楽市を楽しむかのように、楽しむために爆弾を仕掛け我々を混乱させたのかもしれない
楽しむテレンコ戦闘員

 

しかも、なぜかテレンコは街の風景に溶け込む
通常、日常の風景に異質なものが映り込むと人は恐怖や興奮を覚えるものである
すれ違う一般人も何事も無かったようにすれ違うのだ
普通に溶け込むテレンコ

普通すぎるテレンコ

 

これは推測であるが、テレンコ戦闘員は実は気がつかないだけで普通にコンビニ等で買い物をしているのかもしれないし、ファミレスで食事もしているのかもしれない
やりたい放題・・・

 

そして2015年秋の楽市は、秋の楽市として最後になります
今年はテレンコ反応が全く無いので、秋の楽市としては過去最も平和な1日となる予定です
だけど、万が一のこと考えカヌマンは会場パトロールをします
パトロール中のカヌマン

 

おそらく、テレンコ軍団は最終最後の楽市に総攻撃をかけてくるのだと予測しています
2016年2月、最も寒いあの季節に、芝生広場は戦場となるでしょう
過去5年の戦いからおそらく率いる幹部は、あの唯一戦う幹部「カンマス大尉」と予想しています
 

最終最後の楽市まで、絢爛郷土カヌマンは楽市を守り抜きます
ゆけカヌマン!戦えカヌマン!!明日の鹿沼を守るために!!!

 

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。