カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

たまには研究発表でもね!

   

 

ヱンデバー伊藤です(^^)/

 

毎日イベント行ってきたブログでもしゃーないので、先日カヌマンがイベントに行っている間に行っていた「プリンター水洗いについての研究」でも発表しましょう!

はしゃぐカヌマン

 

年も押し迫ると年賀状について人々は考えます!

近年はインクジェットプリンターで出力する人も多いと思いますが、一年ぐらい使わずに年賀状の時期しか印刷しない方は、インクがまともに出ないでおかしな印刷結果でヘッドクリーニングをしても戻らないとかあるあるなんじゃないのでしょうか?

本体もそれほど高くない時代が到来し「買い換えちゃうか!」と思ったそこの紳士並びに淑女諸君!!

「諦めるな!」

俺は諦めない!

 

ヘッドを取り外せることが前提なのですが、数年使っているとインクを受けるヘッドはけっこう汚れてしまいます。

汚れたヘッド

 

インクを受ける方もなんだかインクだらけ!

固まってるの?

 

とりあえず60℃くらいのお湯を沸かそう!

そうしたら端子部にお湯がかからないようヘッドの部分をお湯に浸してしまうのだ!

インクタンクを装着する側にも思い切ってお湯をかけてみよう!

ドンドン溶けるインク

 

これを数回繰り返すと、お湯がインクの色にならなくなるので数回繰り返すと良いでしょう。

すると、固まっていたりしたインクがキレイに流れます!

ぴかぴかヘッド

ぴかぴかインクタンク部

 

水をきれいに拭き取ったら、完全に乾く前にヘッドを装着!

新品のインクタンクを取り付け数回ヘッドクリーニングを行う。

ノズルチェック印刷などをしてみて、つまっている箇所が無ければ成功です。

 

この一連、あくまで自己責任で行ってもらいたいが、ヘッドだけを新品で購入すると6,000円とかそれ以上するところ、お湯を沸かすガスまたは電気代だけで蘇ってしまうという実験が成功しました。

そう!それは歯磨き粉を最後の最後まで使うためにハサミでチューブを切って後ろから絞り出す行為と同様に「使い倒す!」と言うこと!

どうせ買い換える気になっているなら、ぶっ壊す勢いでヘッドをお湯に投下するだけで、世の中からゴミは減りECOな暮らしが出来るというものです。

まだまだ私のプリンターには活躍してもらいますよっ!

出力最高!

 

 

 

 - ヱンデバーの補完計画, 研究発表

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。