カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

自分たちが楽しんだカヌマン達?

      2016/02/21

 

ヱンデバー伊藤です(^o^)

 

三世代交流事業に出撃したカヌマン!

多くの子供達とふれ合いながら、自分たちが楽しんでいたのではないかという感じでイベントを攻略していました。

カヌマン4号以外全て消防団員が仮面に選ばれていたこの日。

すぐ消火出来ます!

 

4号は良い子のみんなと一緒に餅つき!

みんなとなかよく

 

五号は木で出来た杵(きね)と臼(うす)に興奮を抑えることが出来ず自ら餅つき・・・

五号も餅つき!

 

そしてこの餅つきコンビは「かけっこ教室」にも参戦!

かけっこ教室

 

本気で走っていましたねぇ・・・

本気で走る!

 

そして起震車にも乗車し地震の恐ろしさも体験!

起震車

 

カヌマン研究開発本部のモットーは「自分たちが楽しければみんなも楽しい!」というような部分があります。

間違えてはいけないのは「自分たちだけが楽しければ・・・」では無いと言うこと。

人に楽しんでもらうためには自分自身も楽しくなくてはダメなのです。

 

カヌマンもいつの間にかそういった気持ちが根付いていたのかもしれませんね(^^)

そしてこの日、研究員達も楽しんでいたという情報も入っています(^^;)

その話もまた後日。

 

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。