カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

まもなく新年!

   

ヱンデバー伊藤ですhappy01
皆さんは年越しそばを食べましたかhappy02sign02
エンデバーは午後から年一回だけの、年越し蕎麦を手打ちする作業を開始しましたrock
蕎麦打ち開始!

その前に・・・

素材をヤオハンさんなどで購入していると市役所でよく見かける人と遭遇しましたflair
卵をたくさん購入しており、どうやら蕎麦のつなぎに使うと言いますthink
今年はヱンデバーも卵を入れてみようと思いましたが、ナヲミギャンペルやドクター河川敷に反対されつなぎなしの二八蕎麦に・・・wobbly
 

まずは水回しをしっかりしなければなりませんpaper
少しずつ混ぜながら水分を均等に回していかないと美味しい蕎麦は出来ませんup
水回し

毎回思うのですが、粉の質で水の回り方の様子が全然違うのですsweat02
今回の粉は結構粗挽きっぽかったので難しかったですwobbly
難しい水回し

ある程度ダマダマが出来てきたら一つにまとめますfullmoon
そしてこねますflair
こねる!

固さは耳たぶぐらいと言われていますear
ここは力を込めてこねましたrock
 

その後めん棒で延ばしていきますconfident
のばし

 

この時、くっつかないようにたくさん粉を使わなければいけませんが、ヱンデバーはちょっと少なかったのか板にくっついてしまうこともありましたwobbly
粉はたくさん使いましょう!

打ち粉に蕎麦粉を使うと最高なんだと思いますが、もったいないので小麦粉ですcoldsweats01
 

延ばした生地を折りたたんで切っていきますhairsalon
蕎麦を切る

本当は押さえる板があった方が良いのでしょうが、どこかに紛失しましたので手で押さえて切りましたよgood
切った蕎麦にも粉をたくさんかけないと、切った蕎麦同士がくっついてしまうので注意が必要ですdanger
蕎麦完成

今年も無事に蕎麦を完成させることが出来ましたwink
 

年に一回しかやらないために技術は全く進歩しませんsweat02今年も一本あたりの蕎麦の長さは短め・・・sad
風味や喉ごし、麺のコシなどは大変良かったのですが、それは粉のおかげでしょうthink
 

まあ、昨日と同じように「やることに意味がある」とおもってやっていますhappy01paper
 

まもなく新年がやってきますねfuji
楽しいお正月を迎えましょうhappy02rock
 

昨日のブログへのコメントで、ナインさんが急遽帰国されることがわかりsweat02ヱンデバーは研究所を暖めたり着陸滑走路の準備など・・・まもなく上空に現れますのでこの辺でairplane
 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。