カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

サツキの開花調査

   

ヱンデバー伊藤ですhappy01
先日、カヌマン3号と4号による園芸コンビにサツキの状況を調査してもらうため、財団法人鹿沼市花木センター公社に行かせましたpaper
今年は桜と同じように若干開花は遅いかもらしいですdespair
園芸コンビ

ちなみにWikipediaによれば、鹿沼土は通気性・保水性がともに高いことと、強い酸性土であるため、主にサツキなどのツツジ科の植物や東洋ランなどの栽培に用いられる。また、雑菌をほとんど含まないため、挿し芽などにも適している。

サツキの栽培は一般に鉢植えで行われるが、容器は「皐月鉢(さつきばち)」と呼ばれる浅めで堅焼きの、直径が6寸から1尺くらいの円形の鉢が適している。強い酸性土壌を好むため、培養土は一般に、鹿沼土と山ごけをほぼ等量づつ混ぜたものを用いる。

 

サツキの調査と言いながら、実はある特命を受けての出撃だったという噂もsweat01・・・サツキマラソンの直前ぐらいに発表しましょうかwinkok
 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。