カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

被災地支援グッズ

   

ヱンデバー伊藤ですhappy01
4月30日に行われた栃木県メーデーなんたい地区大会で、鹿沼市社会福祉協議会で販売している被災地支援グッズが購入できましたpaper
研究員も、少しでも支援しようと購入しましたconfident
被災地支援グッズ購入

グッズも様々な種類がありますが、研究員が購入したのは、福島県白河市で製造されている「Iふくしま・がんばっぺサイダー」と、宮城県山元町で製造されている「山本ジュース(ブドウ)」でしたshine
募金だけじゃない、被災地に足を運ばなくても出来る支援の方法、鹿沼市社会福祉協議会の担当者は「募金と違い、グッズの購入は被災者のやりがいにもつながる」とコメントされており、鹿沼市社会福祉協議会の収益はゼロで完全支援なのですpaper
こういう形の支援も良いと思いますthink我々も出来ることから支援しておりますpaper
 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。