カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

月夜に現る妖怪の研究

   

ヱンデバー伊藤ですhappy01
 

昨日はブログの更新が出来ませんでしたwobbly
理由は、横根高原・前日光ハイランドロッジへ研究に行っていましたgood

大きな地図で見る

 

しかも午前2時ぐらいまで・・・sweat02sign02携帯電話で更新すれば良かったんじゃないかですってsign02
 

圏外でしたsadsweat01
 

その夜は月齢12.9(中潮)でしたfullmoon
雲も多かった

 

どうやら雲の中だったらしく、晴れたり靄ったりの連続bearingshine
そんな中、研究員は通報のあった「月夜に現る妖怪」を確認するべく張り込みを続けるのだったthinkpaper
ちなみに気温は16度ほどmaple
張り込む研究員

 

長時間張り込んだすえ、ついに妖怪が現れたのですshock
月夜の妖怪現る!

 

形からも全く想像も出来ない未知の妖怪がついに姿を現しましたbearingsweat01
研究員は息を殺しその妖怪の撮影を続行しましたcamera
 

分析し、もし邪悪な妖怪ならテレンコ怪人に利用されてしまうため正体を知る必要があった。恐怖を顧みずに鹿沼の平和のため頑張るのだったsign03
 

なにwobblysign02
どこかで見たシルエットが・・・

 

どこかで見たようなシルエットが浮かび上がったので研究員は撮影装置の閃光システムを点灯してみましたflair
 

「コマ・・・・・・・」

コマ・・・

 

「ネチ!」

ネチ!!

 

大変ご迷惑をおかけしておりますcatfacesweat02
この人は妖怪ではなく・・・ある意味妖怪みたいな者ですが千渡橋博士(マモル)その人でしたshockdown
あきれる研究員

 

妖怪ではありませんでしたが、この夜は日光二荒山神社で男体山登拝講社大祭があり、たいまつを持った人たちが深夜から登山するという日でした。幻想的に光る山と美しい月や星が見られただけでも良かったんじゃないでしょうかconfidentshinefullmoon
 

千渡橋博士には厳重注意を言い渡しておきますdanger
 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。