カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

男子!厨房に立つ!!(初日)

   

ヱンデバー伊藤ですhappy01.gif
 

今年はヱンデバーの肉親が仏壇にインストールされたこともあり、喪中なので年越しそばなどは手打ちしなくて良いかな・・・と思っていましたが、年に一度だけ正月の時に作る料理へのリクエストがあり、今年も作ることにしましたflair.gif
 

29日は二重苦と語呂が合わさって餅つきや飾り物をしないという日本の風習ですが、同時に肉の日でもありますpig.gif
材料は豚肉のバラブロック、そして某中学二年女子が脂身嫌いなのでロースも使いますpaper.gif
材料と分量は以下の通りup.gif
材料たち

  • 豚バラ肉→食べたいだけ
  • 豚ロース→無くても良い
  • ネギ→適当
  • ニンニク→入れたいだけ
  • ショウガ→それなりに
  • ローレル→ある程度
  • 醤油→色で判断
  • 酒→入れすぎないぐらい
  • 黒砂糖→常識の範囲内
  • 塩→体に悪くない程度
  • 水→鍋からあふれなければ・・・
 

まずは材料を刻んでいきますrock.gif
野菜は食べるわけではないので鍋に入る大きさに切りますhairsalon.gif
ぶつ切り

 

肉は、どこかで見かけた角煮ぐらいの大きさにしましょうok.gif
小さすぎると崩れてしまい食べる事がつまらなくなりますwobbly.gif
それなりの大きさに!

 

切った肉は、表面の色が変わる程度に焼きましょうchick.gif
表面を焼くことで、何か良いことがあるのだと思いますthink.gif
ヤキ!

 

鍋に材料を入れましょうcherry.gif
最初はゆでこぼしを行いますので水だけで調味料はローレルだけにしますfuji.gif
水だけ!

 

圧力鍋で100kPa~140kPaの圧力を正確にかけて煮込みますclock.gif
圧力が上がったのを確認したら火を止めて自然に圧力が下がるまで放置しましょうupdown.gif
115kPaぐらいだったかも

 

ゆでこぼしですが、これを本当に捨ててしまってはもったいないのですsweat01.gif
鍋から肉を救出し、コシ網をかけて液体だけ分離しますspa.gif
もったいない!

肉や野菜のダシが溶けたスープストックですので、鍋に入れて翌日まで放置し、表面に油が固まったものを丁寧に取り除いて冷凍保存しておきますと、ラーメンスープやカレーを作る際に便利ですpaper.gif
 

圧力鍋を一度洗い、水をベースに上述した分量の調味料で煮込んでいきますが、ここで肉の臭みなどを消したりする八角の登場ですeight.gif
タミフル(オセルタミビル)の原料であるシキミ酸を含んだこの調味料は大変香りが強いため、多く入れると美味しくなくなりますsad.gif
かけらを1つだけで十分だと思いますがお好みで入れればいいと思いますlovely.gif
八角はお好みで!

 

味が付くと、肉からアクが出始めますcloud.gif
アクは丁寧に取り除いた方が良いと思いますよ・・・たぶんsweat02.gif
アク・・・

ところでこの煮汁の味見ですが、美味しいと思った場合は美味しい角煮が出来ないことが6年の経験で分かってきましたbearing.gif
甘くてややしょっぱくて「・・・・・。」ぐらいの方がこの時点では良いのです・・・・きっとshine.gif
 

そしてまた圧力鍋で100kPa~140kPaの圧力を正確にかけて煮込みますが、圧力が上がって10分ぐらいで火を止めて当日の仕込みは完了ですsign03.gif
明日は表面に固まった油を取り除いていきましょうhappy01.gifpaper.gif
翌日まで放置!

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。