カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

千渡橋兄弟の監視について

      2013/03/11

ヱンデバー伊藤です
 

昨日3月9日はミクスチャーの日・・・・ではなく、千渡橋博士兄弟が「愉快なマルシェ」に行くというので、いくら研究開発本部やカヌマンと関係のない人物とはいえ目を光らせなければ何をするか分かりませんでした
どのぐらい前の写真か不明

ハッキリ言って2000年ぐらい前から鹿沼に存在する妖怪だと言うことは分かっているので、制御が利かなくなった場合に備え、妖怪制御専用カヌマンを1名同行させました
ディスカバリーも同行

 

この不思議な気配を諸君は感じただろうか・・・タスキがなければ、私たち研究員は兄弟の区別が難しいのですが、どちらかヘアースタイルをバ○コ○ドにしてくれませんかね・・・
片方は白衣がでかい

 

まあ終始好き勝手やっていましたが私たち研究開発本部のヱンデバー・ディスカバリー・デタラメヤロウ・そしてカヌマン1号は四方から監視の目を光らせていましたが、ディスカバリーは見ているだけでは気が済まなかったようです
フラダンスまで

 

この日はものすごい大風で、ピザ作り体験をされた一般市民にも被害が及びそうでしたので救済しながら千渡橋の監視です
焼けたらマモルに食われるぜ!

 

そして研究員達の苦労も知らず、男焼きそばに舌鼓を打つ千渡橋兄弟・・・兄のワタルは焼きそばが大好きらしい
男焼きそば

 

この「愉快なマルシェ」では、出店者の皆様に大変お世話になりました
千渡橋兄弟も我々の心配に及ばず、会場をある程度盛り上げてくれたとも思いました
 

とはいえ、やはりカヌマンが一緒にいなかったら普通に変質者で通報されていたかもしれませんがね
いつまでも元気な千渡橋

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。