カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

見える!私にも見えるぞ!!

   

ヱンデバー伊藤です
 

最近話題になっている天体スペクタクルショーであります「パンスターズ彗星」大接近を撮影しようと、某アニキが密かに企画した観望会に同行しました
極秘観望会

 

とにかく今日は日没17:50分から30分後ぐらいの西北西の低い位置という情報以外は無く、ヱンデバーとスカイツリーアニキは最前線に、後方支援に巨大な双眼鏡を配備し観測開始
月と夕焼け

 

ハッキリ言って、肉眼でも手持ちの双眼鏡でも見えませんでした
しかし、カヌマン研究開発本部のカメラはその彗星の撮影に成功
ボケているが間違いない!

 

上に向かって立ち上る彗星の尾も見えます
カヌマン研究開発本部のぉ・・・科学力はぁ・・・世界一いぃぃぃぃぃぃぃ
??

なに我々はこのようなカメラは持っていない
だけど彗星が撮影されているではないか
 

誰アンタ?

 

そうです
撮影に成功したのはデジコミアニキのカメラで、今までスカイツリーだろうが何だろうが撮影できなかったモノは無いと言われています
私は(世を忍ぶ仮の姿)そのカメラが撮影した液晶画面を撮影するのが精一杯
 

やはり天体が相手になると、すごいレンズとかボディーがないと無理なんですね
しかし、11月頃に来るアイソン彗星は、なんと月の光ぐらい明るいとか日中に観測できるとも言われています
彗星は太陽に近ければ近いほど明るいので、噂は本当か楽しみですね
 

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。