カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

春の彫刻屋台まつりでござる!

      2013/05/17

 

カヌマン五号参上

今年はこの春、五月十九日に彫刻屋台とお囃子で市内が賑やかになろう

秋祭りももちろん行われる故、今年は二度の祭りが開催されるのでござるな

 

何故かと申すと、全国山・鉾・屋台保存連合会の総会が鹿沼市で開催されるにあわせての行事なのでござる

 

この全国山・鉾・屋台保存連合会というのは、文化庁の指導により、国の重要有形・無形民俗文化財の指定を受けた山・鉾・屋台行事と、その行事に関する保護団体を中心に組織されておる。祭りの中心となる山・鉾・屋台などの調査研究、及び施策の推進、並びに祭屋台等の製作・修理技術の練磨と後継者の育成を図ることで、地域文化の向上を目指している団体でござる。

 

鹿沼の祭りや彫刻屋台については再三再四申しておるがまた言わせて頂く

2012年秋祭り

天文元年に壬生綱房が現在の御殿山に城を築いたおりに日光三社を城内に鎮守したのが、創建でござる。

今宮祭礼は慶長十三年夏、日照りが続き、氏子たちが今宮に集まり、雨乞いをすること三日、一天にわかに曇り、激し雷雨があり、霊験あらたかな氏神と敬い、雨のあがった夕べの六月十九日を宵宮、二十日を祭礼の日として鉾、榊を出して神徳に感謝したのが始まり、後に、付け祭りとして「踊り舞台」などが造られた寛政年間にはいると付け祭りが盛んになり躍り屋台が造られ時代の背景と町に意気と力により現在の彫刻屋台と変化を遂げたのでござる

 

この時期にぶっつけが見られることはこの先も滅多なことでは無かろう。

主催者発表の情報を得、是非鹿沼に足を運ばれよ!

http://www.city.kanuma.tochigi.jp/events/detail.12.26001.html



http://youtu.be/olxfCBP00n8

 

 

何か?我々カヌマンは十九日に新・鹿沼宿にて行われる「おもてなし処」に行くが故、祭りの方へ行くことはござらぬ

食の行事らしい故、こちらにも足を運ばれてはいかがかの?

おもてなし処へも来るが良い

 

 - カヌマン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。