カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

宇都宮城に登城でござる

      2013/08/03

カヌマン五号参上

 

明日は宇都宮城に登城する日でござる

宇都宮城址公園

宇都宮城は関東七名城の一つとされていた城でござった

宇都宮城がその姿を消したのは戊辰戦争の時に焼失してしまったでござる

 

ただ残念ながら宇都宮城主の一人、宇都宮忠綱殿の軍にて1523年に鹿沼城は落城してしまったでござる

鹿沼城

 

 

鹿沼城は1292年、鹿沼権三郎入道教阿は坂田山の山頂に館を構え居住地としたとみられておる。

坂田山城(住居)の現在

 

鹿沼権三郎入道教阿の寄進といわれる燈篭は、日光二荒山神社に厳存してござる。

当時、鹿沼は源頼朝が日光山に寄進したと伝えられる66郷の一つで、鎌倉と日光山との因縁が深かったのでござる。

日光二荒山神社唐銅大燈篭

 

 

宇都宮忠綱は鹿沼氏と戦った時、壬生綱房に命じて鹿沼綱勝を滅したのでござる。

鹿沼城に入った壬生綱房は、古くからの坂田山館を改築し居城とした。自然の高台をそのまま利用、曲輪で守りを固めた一城別郭形式の山城でござった。

その後、1532年にも綱房は御殿山を中心に鹿沼城を大改築、本丸を中心に同心円状の空掘りをめぐらした。これが、丘城または平山城といわれる御殿山であり、高台を利用しての坂田山から広い場所を求めての城に移転したのでござる。

鹿沼城模型

 

鹿沼城に入った壬生義雄は1590年、豊臣秀吉が小田原城を攻めた時、北条氏に味方し没した。義雄には嗣子がなく、壬生氏は滅亡し鹿沼城も廃城となったが、実は、義雄が小田原出兵の留守中に宇都宮・結城勢に攻められて落城し、鹿沼城は姿を消したとの説が有力とされているでござる。

 

宇都宮と鹿沼は昔こそ修羅でござるが、現代においては共に地域をもり立ててゆく良き同士なのでござる。

昔話をしてしまったでござるが、登城は楽しみでござる。

千手山公園にて

 

 - カヌマン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。