カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

神隠しからの帰還

      2013/08/10

 

ヱンデバー伊藤です
 

ほぼ一週間、ブログの更新が無かったのは2年と半年ぶりじゃないでしょうか
この期間、心配してメールを頂いたり伝書鳩が来たり矢文が届くなど温かいご支援を賜りありがとうございました
 

さて、一体何だったのか言いますと、先週の土曜日に宇都宮城址公園にて行われた「ミヤリーの劇アツ盆踊り」で出会った新潟県のレルヒさん
レルヒさん

 

実はこのレルヒさんが大好きな研究員メルヘンヌが姿を消してしまいました
コレはきっと新潟まで行ってしまったのかもしれません
 

と言うわけで新潟まで捜索です
イメージとは裏腹に相当蒸し暑い
新潟駅

 

新潟県は冬になると雪深い所で、道路にも地下水で凍結しないような仕組みが随所に見られたり、信号に雪が積もったりしないよう全てにおいて縦型信号でした
縦型信号機

 

きっとレルヒさんがいるところにいるはずです
レルヒさんを探せ!

 

 

ところがメルヘンヌどころか、新潟では当然有名なレルヒさんを見つけることすら容易ではありませんでした
日本海はとても穏やかで、太平洋とは違い夕日が海に沈みます
っていうか、ネクタイを締めた状態で海水浴場に行ったのは初めてでした
日本海!

 

まあ・・・行ったのは村上市でしたので温泉に入ったり、美味しい米を食べたり、鮭を食べたり、寄った先で数万羽のヒヨコと戯れたりついでにパソコン修理もしてみたりしながら一週間
結局、レルヒさんもメルヘンヌも見つけることができずに帰還することに
もう帰る!

 

そして我が愛する鹿沼市に戻って驚愕の光景を目にすることになろうとは・・・秘密基地入り口になにやらビーチっぽいデコレーションが施され、そこにいた一人の女性が私に話しかけてきた
「ヱンデバーはどこに行ってたんですか?」

メルヘンヌ発見

そこにはミヤリーラベルの「うつのみや ゆめサイダー」を飲むメルヘンヌが
 

新潟に行ってきた理由はともかく、なにげに少し心と体のケアをする事が出来たかもしれません
そんな一週間だったというくだらないお話
 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。