カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

超新星爆発について

   

 

ヱンデバー伊藤です
今日9月12日は「宇宙の日」なんだそうです
昨夜も、世を忍ぶ仮の会社から板荷・大芦方面に未確認飛行物体を数名が目視で確認しています
 

と言うことで、私が個人的に大注目の「ベテルギウス」について
 

ベテルギウスはオリオン座の一等星です
オリオン座

国際的にスゴイ望遠鏡で見るとこんな風に見えるのだそうです
ベテルギウスさん

中央の白い部分は高温の場所だそうで、今にも爆発してしまうのでしょうか・・・
 

ちなみに地球と太陽の大きさの比較は下の画像ほどです
太陽って大きい!

さらに太陽とベテルギウスを比較するとこうなります
ベテルギウスでかっ!

 

なんと、このベテルギウスが近々最後を迎えようとしているのです
最近の観測で、30~40年かけて2~3倍にふくれあがっているのだとか
しかも楕円形になっているそうです
 

もし、ベテルギウスが超新星爆発を起こした場合、一ヶ月ぐらい太陽が二つになるとか言っていますが真相は謎です
下の写真のように「月」ほどの可能性もあるようです
ちなみに写真は超新星爆発から3時間後のシミュレーションなのだそうです
超新星爆発!

 

また、超新星爆発を起こしたとき、ガンマ線バーストと呼ばれる生物大量絶滅光線が出るそうです
ですが、ベテルギウスほどの質量と距離(640光年)だと、せいぜいオゾン層を少し傷つけるほどだと言われていますし、ガンマ線バーストが自転軸の2度の方向に集中するという説がありますが、自転軸が地球に対して20度傾いているので関係ありません
ガンマ線バースト

 

 

では、いったい超新星爆発はいつ起こるのでしょうか
2012年にもと騒いでいましたが、2013年かもしれませんしもっと先かも・・・
 

誰も予想できることではありませんよね
 

もうすぐオリオン座が現れる季節になってきます
夜、毎日観察してみても良いかもしれません
 

自分が生きているうちに見ることが出来る最大の天体ショーになるかもしれませんよ
 

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。