カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

俺は待ってるぜ

      2013/11/16

 

ヱンデバー伊藤です
 

今日ヱンデバーは栃木県を脱し、茨城県北茨城市へ
こういう事をこのブログに書くことではないかもしれませんが、神葬祭においての二礼二拍手一礼では柏手(かしわで)の音を出さずに打つ偲手(しのびて)が基本であるにもかかわらず、私は音を出してしまいました・・・何事も勉強であります
 

さて、そこまで行ったなら海があります
海の無い所に住める私にとって、海は特別な存在になります
港

 

港に来ればやりたくなるオブジェクトがありますね
だから実行しました
係船柱に足乗せ!

 

しかしここで研究員助手のナヲミによる指導が入ってしまいました
「これではマルベルっぽくない!」

撮り直したのがこの写真・・・しかし邪魔な一般人が
一般人が邪魔

俺は待ってるぜ

 

しかし、こんな写真をとってどうなるモノか
ふざけている場合ではなく、ここ大津港も東日本大震災で津波にのみ込まれた場所です
魚市場では活気溢れる声が聞こえ今まで通り鮮魚を処理する様子がうかがえますが、まだまだ復旧のめどが立っていない場所が多々あります
活気溢れる市場の皆さん

陥没した場所

 

 

あちらでも様々な人々と交流する事が出来て感じたことは、大変前向きで力強さを感じ、帰り際偶然見た虹のように、この地域で生活している皆さんの心にも美しい虹があると思えました
虹を見た!

 

のど元過ぎた訳ではありませんが、まだ震災の爪痕がある場所を見て、その復旧に取り組む人々を拝見し、新しく変わってゆく町を感じ、私も見習って地元鹿沼のためにもっと頑張ろうと思える一日でした
 

栃木県から、鹿沼から元気を発信して行きたいですね
 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。