カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

人が見ていなくても・・・

      2014/02/13

 

ヱンデバー伊藤です
 

カヌマンは、イベントなどで皆さんが見ているときだけではなく、影ながら努力しており、この日は1号が頑張ったという写真からスタート致しましょう
みんな頑張った!

 

さて、2014年2月2日に「今、話題の現場を巡るコミュニティ研修会@カヌマ、ヒーローときどきネコヤド」というイベントの中で、質問コーナーがありました

今日はその質問に真剣に答えてみようと思います
 

質問1
カヌマンの活動に参加することは、カヌマブランドになりつつありますか?

答え
ならないと思います。まず鹿沼ブランドの認定審査を通過することが出来ないと思います

 

質問2
知名度はどの程度?

答え
まだ「カヌママン」と言われることもありますが、これも認知されている一つだと思います。
とちキャラーズのイベントや鹿沼市外などで「カヌマン」と呼ばれるなどになっております。

 

質問3
参加依頼はありますか?

答え
イベントへのオファーだけでも年間平均60ぐらいあります

 

質問4
どのくらいの予算でコスチューム等作成できますか?

答え
コパカバーナ今井の小遣いの範疇

 

質問5
鹿沼英雄計画という名前を付けた人、想いなど教えてください。


答え
英雄とは、普通の人を超える力・知識・技術を持ち、それらを用いて一般社会にとって有益とされる行為、いわゆる救世主としての行為を行う。多くの物語では、これを阻止しようとする悪役・敵役が共演することになる。また、突出した能力を持っていない場合でも、何らかの形で英雄的行為をすることがある【Wikipedia】。

英雄と書いてヒーローと読みますので、鹿沼ヒーロー計画とも書きます。

名付けたのはコパカバーナ今井ですが、初めて秋祭り市民パレードに出るために即興でと口頭で言っていたと思いますが、ヒーローを見せつけてと言うヒーロー計画ではなく、鹿沼市民皆さんの心や行動にヒーローを持ってもらいたい!もしくは鹿沼ヒーロー計画に入って、心身ともにヒーローになってみようと言う熱い思いが込められている・・・とヱンデバー伊藤は思いますが何か?

 

質問6
カヌマンを作るまでどれくらいの費用がかかりましたか?


答え
コパカバーナ今井が大好きなガンプラやゲームソフトの購入を諦め、それらに費やす時間を全てカヌマンに集中させ、時には入院寸前まで追い込まれるぐらいの費用と人件費がかかっております。

 

質問7
メンバー間で方向性の違いが表面化したことはないか?それを理由に離れていったメンバーはいないか?


答え
組織が大きくなればそういうものでしょう?

 

質問8
今まで一番大変だったことはなんですか?


答え
大変だったこと??何ですかそれは?大変だったことも振り返れば面白かった思い出です。

 

質問9
楽しく《マジメにバカするために》メンバーを集めたり、持続させるための秘訣は?


答え
遊びだろうが何だろうが、常に「面白真剣」に取り組む事でしょうか?

 

質問10
毎月の活動日数を教えてください。


答え
全体としては、特に何もなくても毎週1日は研究所ミーティングルームに集まってしゃべくります。ですが、毎日どこかでカヌマンの事をやっているメンバーがおりますので、毎月と言うより年間365日はカヌマンの事で何かが動いていると言えるでしょうか・・・。

 

質問11
ヒーローは五人なんですか?6号、7号は?隠しキャラはいるの?

答え
コパカバーナ今井に聞いてください。
ただ、カヌマン研究開発本部としては毎日どこかにある残りの仮面の発見に全力を注いでおります。

 

質問12
後継者は?


答え
それはアナタだ!!

 

質問13
ほかの団体との絡みは?


答え
鹿沼市内の他団体「あそび屋」や「エイターベース」などの協力を得ながら、時にはこちらから協力したり(微力)協働しております。

 

以上ですか
ハッキリ言って、全て本気で答えております
本気!!

 

 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。