カヌマン研究開発本部

絢爛郷土カヌマンの研究を進めるイコール鹿沼の活性化だと思っている集団

K.R.D.HQ TRANSPORT DIV information

      2014/04/14

 

ヱンデバー伊藤です
 

いわゆるカヌマン研究開発本部輸送部より本日連絡がありました
「新しい輸送箱の少量産に成功!」

新しい輸送箱はかねてから研究を重ねてきましたが、ついに実用レベルに到達
しかし・・・少量産とは・・・・・・・・・
輸送箱

 

仮面発掘用機材や研究員の弁当、携帯ゲームなどを運んでいた従来の輸送箱のサイズに比べたら2/3の大きさになりました
また、使用しないときはコンパクト化することも出来ます
いわゆる折りコン!

 

誰ですか生協の配達で見たことあるとか言っている人は
これからは備品類もコンパクト化の時代です
 

部門には、少量産じゃなくてグッズとして販売できるよう量産体制を整えてもらわなければいけませんね
 

 - ヱンデバーの補完計画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。